ご挨拶

明法中学・高等学校には長い歴史によって培われた風土があります。生徒たちは、各々が明るく・目指す方向をしっかり見据えており、それは学校・先生方が脈々と創り上げてこられたからこそ生まれた財産であると思っています。 そしてその歴史の中で、明法中学・高等学校父母の会も歩みを続けてきました。

 

父母の会はPTAではありません。純粋に「保護者の立場として子供たちの中学・高校生活の充実を支援する」という位置づけです。その本分に従って活動を進める事は、この明法の風土の中で大きな効果を発揮するものだと確信しております。 


子供たちが人生一度しかない青春時代、云わば「チャンス」を大切にして・最大限に活かせるよう、教職員の皆様を始めとする学校側の育成方針に十分な意識統一を図りつつ、父母の会だからこそ出来る支援を行って参ります。そしてそれを見守る保護者の皆様にとっても、忘れ得ぬ貴重な思い出となる、云わば「我が子と共に青春を感じられる」事も、父母の会の普遍の目標であります。

 

会員である保護者の皆様には、ご支援・ご協力をお願い申し上げますと共に、皆様方の積極的なご参加・ご意見を賜れれば幸いです。 どうぞ宜しくお願い致します。 

 

 

平成28年 吉日

明法中学・高等学校父母の会

会長 大久保 充